ちょうどいい毎日

アラフォー夫婦の2人暮らし。ちょうどいいを見つけながら楽しんで暮らしています。

おなかから邪気を出しました。おなかマッサージでふんわりおなかに

 

いつだったか「すーちゃんは邪気がないね」と言われた事がある。  

 

だけど今回おなかから邪気を出す事になった

 

「チネイザン」

というおなか(内臓)のマッサージの途中に言われました

「邪気が出てきましたね」

 

Σ(゚д゚lll)え?邪気って見えるの?

 

おなかから出た邪気は臭いがあるらしいのです

大人は最初受ける時には、多かれ少なかれほぼほぼ出るとの事。

 

自宅でできるセルフケアなども教えてもらい

色々おもしろかったのでシェアしますね!

 

感情のデトックスにもなるチネイザ

興味のセンサーがピンときたのですぐ予約してみました

 

 

⬜️チネイザンとは

古代中国で発祥した気功療法の1つ。

おなかにはたくさんの臓器があり、臓器はすべての感情とつながっているそう

東洋医学では、臓器にはいろんな感情が宿ると言い

 

肝臓▶︎怒り

腎臓▶︎恐れや恐怖

胃▶︎不安、緊張

 

知らず知らずにこんなストレスを抱え込んでしまうと、おなかが硬くなってしまいます

 

 

私がやってもらった人はバックパッカー時代にタイでチネイザンを学び、資格を取って1000人以上のおなかを見た人。

 

 

大人は硬くなってる人が多くて、

子供のおなかはふわふわしてるんだそう

 

過去1人、カチカチな小学生の子がいたそうで、起立性の低血圧で朝がとにかく起きれず困っていたとの事。

その子の場合は砂糖とカフェインを極力減らすようにしたらケロリと治ってしまったんだとか

 

 

気圧の変化や気温の変化に強くない人など

体質的に敏感な人は、中毒性のあるものとはうまく付き合った方が良いようです〔私含め〕

 

●タバコ

●アルコール

●砂糖

●カフェイン

●感情で言えば不安や心配

 

 

慢性的に便秘がある人もおなかが硬いんだそう。

食事や運動など気をつけてても治らない人は、自分を後回しにしないようにしたり、ガマンをしすぎないようにするなど感情面に気をつけると良いんだそうです

 

 

⬜️マッサージを受けてみて(私の場合)

その時は特にこれといった不調がなかった私。

おへそを見られた瞬間、ちょっと右に流れていると言われました。

体の歪みで臓器が圧迫されても内臓の働きが弱くなるそうです。

簡単なヨガやストレッチなどを日常に取り入れて、ゆがみをケアするのが効果的なんだとか

 

 

⬜️セルフケア

ストレスでかたくなった臓器を優しくほぐしてあげる事で、内臓の働きが良くなります。

自分でできるセルフケアとしては

 

●深呼吸しながらお風呂で優しく押してマッサージ

心配事や不安が多い時はみぞおちを。

 

ヨガをされてる方はご存知かもだけど

深い深呼吸も内臓のマッサージになるので

 

緊張したな〜

今日はストレスが多いな〜

と感じた日は眠る前に繰り返すと◎

 

 

口角を上げて目をつぶって深呼吸してから眠ると、満たされたような気持ちになります

f:id:guutaralin:20191102145803j:plain

 

⬜️感情面の変化

マッサージ後、人によっては感情のデトックスがあるかもしれないと言われていました。

 

私は自宅に帰っても何も感じなかったんです

だるさが出る事もあると言われたけどそれも何も感じない。

 

何もなかったな〜と思って眠ったら

次の日の朝起きてすぐ

夫に対しての怒りがむくむく。笑

 

布団の中で涙がダーっと出てびっくり!

正直夫に関してノーマークでした

 

夏頃だったと思うのですが、普段家には不機嫌を持ち込まない夫が、仕事でいっぱいいっぱいだったようで、ピリピリムードをしばらく放っている事がありました

 

しょうがないとスルーしていたつもりだったけど、知らないうちに、夫に対する怒りやガマンがたまっていたのかも?と気づきました

 

あれはきつかったんだ〜。

と夫に話したら少しスッキリ。

 

思いがけないデトックスでした

ちなみに単なるリラックス効果で言えば、大好きな足つぼマッサージが上でした

f:id:guutaralin:20200129152753j:plain

 

⬇︎家庭の医学の〜心版〜みたいな本

同じ症状ばっかり出るって時にも。

自分を愛して!―病気と不調があなたに伝える〈からだ〉からのメッセージ

自分を愛して!―病気と不調があなたに伝える〈からだ〉からのメッセージ

  • 作者:リズ・ブルボー
  • 出版社/メーカー: ハート出版
  • 発売日: 2007/10/31
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)