ちょうどいい毎日

30代転勤族夫婦2人のシンプルな暮らし

できない自分を許してとことん癒す

 

来客ってほとんどないんですが

来週久しぶりに来客があるので、

食器を綺麗にしてました

 

大好きなもの達だけなので

お手入れも楽しいです

 

f:id:guutaralin:20180831121955j:image

オールドのりたけと黄色。なぜか惹かれます

 

 

基本テキパキしゃきしゃきな感じの私でしたが

今持っているモノは大好きなモノだけなので

 そっと食器棚に戻すようになりました

 

元ある場所にそっとしまう気持ちよさ

自分とは縁遠かった優雅さを手に入れた気になります

 

 

来週うちに来る友人は程よい距離感の気持ちいい人たち

お互いを詮索しすぎず、かと言ってつかず離れずのちょうどいい関係

私は地元が九州なのですが

関東に来てからそんな人達に多く出会えた気がしています

 

 

お茶のお供は何にしようかなぁ

f:id:guutaralin:20180831122103j:image

ケーキでも出そうか

フルーツにしようか

まだ暑いからゼリーを作ろうか

 

やっぱり甘いものは避けようかなとも考えたり

引越しを繰り返すうちにおもてなしの機会はほとんどなくなったので

f:id:guutaralin:20180831122123j:image

ちょっと迷っています〜

以前ネイルのお客さんが自宅に来て残業でお腹が空いているだろうと思い

その日の晩のおかずだった豚の角煮を出した時が何気に1番喜ばれました

ちょっとおつまみでも作ってみようかな

でもお茶におつまみ…

ん〜〜

 

 

  

私は小さい頃からどこか冷めた子供だったのか

大人と話すことが好きだったり

全員がクリアしなきゃ意味がない!

みたいな事を言う熱い人が苦手だったり

ペタペタと馴れ合う関係が苦手だったり

みんなとは熱量が違う自分をちょっと不思議に思う時期を過ごしました

 

 

子供の頃は楽しい思い出もたくさんですが

今に比べると生きづらかったなぁというのが正直なところ

 

 

そんなみんなと違う自分を変えようと思って

色んな人に刺激を受けて変わろうとし

出会う人達のいいとこは吸収してパワーアップしてきたけど

やっぱり本質の部分はそのまま自分のどこかに残っていて

 

自分の変えたいけど変えれない部分

見たくない部分も全部手放そうと思っていたけど、

それもよくよく浸って見てみると

自分の長所に遠くでつながっている部分でもあることがわかったり

 

たまにふっと湧き上がるコンプレックスも

無理にどっかへ消そうとせずに

認めて受け入れて

そのままの自分もすばらしいと許していくうちに

 

すーっと解き放たれて心が癒されていきます

 

自分の変えたくても変えられない部分

そんな自分の部分を誰より何より

自分が許せていないことに気づいてからは

 

許しますよ〜〜

だからそんなに頑張らなくてもいいんだよ〜〜

そのままでじゅうぶん価値があるんだよ〜

 

そう自分に優しくしているうちに

気持ちがどんどん軽くなってきます

 

義理の母とお盆に話した時

「おしゅうとめさんにされた理不尽な事に言い返せなかった自分が許せないし腹立たしい。」

と言っていました

 

母は厳しい嫁姑問題にいろいろ苦労してきたようです

だから自分はお嫁さんには優しくしたいとも言ってくれます。

 

母に理不尽な事を言ったお姑さんに対して許せないと言うよりも、そんな理不尽なな事をされて、何も言い返せなかったそんな自分が1番許せないんだとも言っていました

 

 

●皆はできてるのにこんなことすらできない自分がイヤ
●あの時言い返せなかった自分がイヤ
●人の幸せが喜べなかった自分がイヤなどなど

誰しも少なからずあるんではないでしょうか

 

 

そんな自分も全部受け止めて、許してあげてみはいかがでしょうか

許せない場合は何度でも伝えてあげるといいです

 

〇〇な私を許します

〇〇できなかった自分を許します

 

私は

病気になってしまった自分を許します

と言っているうちにガチガチだった心が癒されていきました

 

体調を崩している間、家事すらきちんとできなかった自分を

他の人のようにパワフルに動けない自分を

許せなかったと気づきました

 

こうでありたくても、そうあれない自分を許してあげる

 

これはびっくりするほど

思いがけない癒しの効果がありました