ちょうどいい毎日

30代転勤族夫婦2人のシンプルな暮らし

信じる勇気

 

先日夫が剣道の大会で優勝しました

 

正直びっくり

 

20年ぶりの剣道

2ヶ月前に始めたばかりなのにもう試合に申し込む?

 

もう少し練習してからの方が良いんじゃないの?

 

まだ早すぎるんじゃない?

 

と内心思っていました

 

 

上位にはいくかな?とは思ってたけど

優勝は無理だろうと思っていました

 

 

2ヶ月練習しただけではちょっと。とか

38歳だし

普段から体を鍛えている警察官の方や

現役高校生や若い人にはかなわないんじゃ。

とか

 

 

しかし夫は自分が優勝するんだとどこかで信じていたみたい

自分を信じる力がとても強い人

無理という言葉を簡単に使わない人

 

 

私は夫のいいとこを見つけては

それいいねなんて褒めるようにしてるのですが

素直な夫はそれも手伝ってか

結婚当初より自分を信じる力がパワーアップしているように感じます

 

 

夫は血液型がB型だと言うことで

過去に何かイヤなことを言われたのか

血液型の話をあまり好まない雰囲気でしたが

 

 

私はB型の人大好きだよ

こんなとこも魅力的だし

こんなところもあってすごいよねと

いつも言っていたら

(もちろん本当にそう思っています)

 

今では誰かに血液型を聞かれても

誇らしげにB型を名乗るようになりました 

そんなタイプです

 

信じる力を持てるようにでしょうか

確かに仕事の帰りが遅くても竹刀を振って

筋トレもやっていました

試合の次の日の朝は起き上がるのも苦労してましたが

 

 

大会が終わり

本人も優勝を喜んではいましたが

頭にあるのはもう次の事

 

後日、私がトロフィーをどこかに飾る?

と聞いたらもう別にいらないよと

夫の中ではもうすでに優勝は過去のもの

処分はしきれませんが

 

なんとも執着心のない夫を物語っているな〜

と思わせた一言でした

 

 

次はもう手に入れることができないのでは?

と思う恐れからくる気持ち

執着心

 

 

過去や未来に生きず

いつでも 今、今、今、で生きている人

 

 

今の状況が困難と思える時でも

未来を勝手に悲観することをしない人

 

 

今やメジャーな引き寄せの法則ではないですが

本当に自分の未来は過去の自分の思いが作っているのかもしれない

 

 

体調を思いきり崩した30代前半

あまりに苦しい毎日に

体の弱かった幼少期を思い出し

どんどん自分に自信をなくし

望まない未来をイメージしてしまい

それは叶ってしまいました

 

 

自分の思考を良いイメージへ

なりたいイメージへ方向転換!

 

今までは結構簡単にできていたこと

苦しい中でやるのはなかなか難しく

 

 

信じて

 

やっぱり無理

 

また信じてきっと大丈夫

 

やっぱりまた信じられなくなって

 

 

いやいや!それでもまた自分を信じて

 

それを何度も何度も繰り返し

信じる力を徐々に強くして

 

 

病気が何を私に教えようとしているのか

じっくり耳を傾けました

できることはすべてやりつくし

 

はー!もう降参!お手あげ〜〜

後は好きにして〜〜

と力を抜いた頃に

ようやく抜け出すことができました

 

 

障害のように見えたものは
後に見れば自分を強くするための
自分のこりかたまった考え方すら

大きく変えてしまうものでした

 

と言ってももう経験したくないから

健康には気をつけてます

 

起こったことは悪いことに見えて

すべては完璧でした

 

どんな経験も前向きにとらえていれば

チャンスや好ましい結果が訪れるんだ

 

 

自分を信じる勇気と覚悟をもつ

 

 

苦しい場面にいる時

自分の望む未来はやって来ないんじゃないかとふと思ってしまったり

 

 

信じることって

そう簡単じゃないかもしれないけど

勇気や覚悟がいることだったりするけど

自分を信じる力ってやっぱりすごくて

 

 

夫から改めて教えてもらった気分です

 

 

ますます楽しめそうな気がしてきた

f:id:guutaralin:20181010182707j:image

始めたばかりのダンス

もっと体力もつけたいな〜

 

 

優勝できないかもなんて思ってごめんと

心の中で夫にあやまったのでした

 

 

長い文章になっちゃって。

ここまで読んでくださった方

ありがとうございます