ちょうどいい毎日

アラフォー夫婦の転勤族いつでも引っ越せるシンプルでラクな暮らし。健康。心のケア。日々の楽しみ。インテリアなどを綴ります

何とかしてあげたい病

 

私は過去「なんとかせねば病」に加えて

「なんとかしてあげたい病」も持っていました

 

 

身近な人や大切な人が困っている。すぐなんとかしてあげたい。

と一生懸命になっていた時期がありました

 

 

自分の体もまだ回復途中なのに

目の前に身近な人の困った相談がやってくると

まずは困っている家族をなんとかしてあげたくいろいろ考えました

 

 

私は実家から1人離れて暮らしていますが、近くに住む妹と母。

かわるがわる私に2人からの相談電話がかかってきていた時がありました

 

 

2人の間に入り、別々の意見を聞いて

私なりに仲を取りもったりフォローしてみたり

 

でも私が何とかしてあげたくてもどうにもならないこともありました

 

 

ある人が私に言いました

 

「自分の持っているツボの中の水を与えすぎて自分の飲む水がなくなってしまわないようにね」

 

確かに「何とかしてあげたい病」は自分が乾いていくのを感じました

 

そこには心配や不安のエネルギーも混ざっているからです

 

何とかしてあげたい側がこんなんでどうするの? 

 

自分の中になみなみとしたたくさんの水があり、余裕があればいいけど

その時の私には半分くらいの水しか持っていないくせに

とかく自分の水を与えよう与えようとしていたのです

 

 

まずは自分のツボの水をいっぱいにしよう。

そもそも何とかしてあげたい。だなんて

その人には解決できる力がないと思っているみたい

 

 

自分にできることをやったのなら

後はしっかり線引きをして心配より

もっと2人を信じよう

 

 

自分が乗り越えるのに苦労したからって

他の人も乗り越えるのにきっと苦労する。

そう思うのはとても失礼だと思ったんです

 

 

困ったことを乗り越えている時って

自分もたくさん学ぶことがあったよね?

 

めちゃくちゃ困る事によって

あーじゃないこーじゃないと解決策をひねり出して、狭い視野を少しは広げることもできたよね

 

それを活かして幸せを感じる力が増したよね?

 

 

余計な心配をやめてまずは、自分の水をいっぱいにすることに専念しました

 

自分の心を満たすことを積極的に取り入れました

 

 

母と妹の仲がうまくいかない時が続いた時

2人の話を冷静に聞いていると

 

●ちょっとした言葉の足りなさによる行き違い

●このくらいは家族だからしてくれてもいいじゃない。の思い

●言葉の受け取りかたの違い

●普通は孫の面倒を見るのは楽しいはず。。

(普通は〇〇という世間一般を軸にした考え)

 が見え隠れしました

 

 

お互いには口に出して言い合っていないようだけど私には母と妹が、

不満を述べながらも結局最後には

お互いを思いやるがゆえのすれ違いがあるのが伝わってきました

 

 

母と妹がうまくいくところをイメージして心配する時間にも、自分をパワーアップさせよう!

 

一緒になって暗くなるより

私がパワフルな存在でいた方が絶対に良いはず

 

私が明るくいなくてはどうするんだ

とばかりに自分を喜ばす事に専念していました

 

 

 

不足してかけていた自分の水はちょっとずつちょっとずつ。

たまっていきました

 

このぐらいの余裕がなくては。

人に水なんて与えている場合ではなかった。そう思いました

 

心配オバケになってむやみやたらに水をばらまいていました

 

 

自分を満たすことは何なのか?

自分が何に消耗しているかを見つける

 

が私の枯渇していたツボの水を増やしていったように思います

 

 

それに集中している間に

2人の問題はすっかり解決していたのです(o_o)

 

人ってそんなに弱くはない

 

私が前職を辞める時

「すーさんがいなくなるなんて絶対無理!」

と言ってくれる年下の女の子がいました

 

職場での立ち位置と人間関係に悩んでずいぶんと痩せて疲弊していました

 

後ろ髪をひかれる思いで引っ越しました

 

 

その後元気に過ごしてることを知りました 笑

弱そうに見える人ほど強かったりすることよくあります

そして自分がいなくちゃ。

なんてことはないんですよね

 

バルコニーに虫よけになったらいいなと思ってラベンダーとユーカリを植えました

f:id:guutaralin:20190524145845j:plain

良い香りで本当に虫よけになるのか疑問ですが期待してます
f:id:guutaralin:20190524145839j:image

たまにはスマホをカバンにしまったままで。鎌倉に住んでる人に聞いたおススメのお寺

 

行き当たりばったり

人混みを避けて

ガイドブック、スマホ検索なし 

 

の鎌倉さんぽしてみました

 

鎌倉駅に降りたち

さてどうしようかと思って辺りを見回す

 

親切そう〜なお顔の女性を発見

 

おススメのお寺を聞いてみました

 

やっぱり「聞きやすい人」っていますね

お顔が福相で、この人に聞いたら?

と言われてるようなさわやかな雰囲気を持つ人でした

 

「私、鎌倉民なんですよ。」

とにっこり答えてくださいました

 

住んでる人はどんなトコに行くのかな?

 

 

最近は人気が出てきて

人が増えてしまったけど…。と教えてくれた

 

報国寺

 

行ってみたかったところでした

 

 

何かの情報誌で見ていましたが

【駅からバス。】

という事でなんとなく先送りにしていたところ

 

すぐに行くことに決めました

 

鎌倉駅からはバスで10分程度でした

 

このお寺は竹の庭が有名です

 

そびえ立つ竹

f:id:guutaralin:20190523214231j:image

竹!
f:id:guutaralin:20190523214226j:image

すごい密度の竹たち

 

 

かぐや姫の絵本を読みたくなります
f:id:guutaralin:20190523214228j:image

 

敷地内では、竹林を見ながらゆっくりお抹茶をいただける場所があります

竹林入場料が200円、別途500円でお抹茶と落雁(らくがん)が付きます

 

 

 

お抹茶の場所に人が集中してたのでお抹茶は

今回は見送ってその間に竹の庭を堪能しました

 

 

天高くそびえ立つ竹に涼やかな風が通ります

竹の葉音と鳥の声

これはヒーリングミュージック

 

力強い雰囲気に背筋がしゃきっと伸びる感じ

f:id:guutaralin:20190523235057j:image

竹だけではなくて至るところに広がる苔

毎週日曜日の早朝には座禅会も開催されているようです


f:id:guutaralin:20190523235101j:image

 

次に教えてもらってたのが

鎌倉で最も古いお寺と言われる

「杉本寺」

 

 

報国寺からほど近くにありました

 

歴史を感じさせます



苔むす石段は眺めるだけでも独特の風情がありました

保存の為、通行はできなくなっていて横の階段から登っていきます

f:id:guutaralin:20190524082031j:image

中は撮影禁止でした

 

 

誰かのオススメを聞いてぷらり

 

鎌倉に来て小町通りを通らずに帰ったのは初めて。

 

旅番組みたいな行き当たりばったりの旅も

新鮮で楽しいものでした

 

「竹や苔に惹かれる」

「渋めな場所が好き」

 

そんな方にオススメできるお寺でした

新緑の北鎌倉さんぽ〜バナナジュースとピロシキ〜

 

新緑の北鎌倉をぷらり。

 

北鎌倉はしっとりしたゆったり感が心地いい

 

行ったことがない「浄智寺」

というお寺に向かいました

 

お寺の中のけっこうな広さにワクワクします

f:id:guutaralin:20190523171104j:plain


雰囲気のある道を通って

お会いできたのが

f:id:guutaralin:20190523171015j:plain

七福神の布袋尊

f:id:guutaralin:20190523171030j:plain

ほら穴の中にいる布袋尊

とても雰囲気があって神々しく感じました

f:id:guutaralin:20190523171026j:plain

【おなかをなでると元気になる】との立て札

 

健康にご利益があるようです

確かに疲れていてもいいはずの帰り道

この日とても元気でしたね

 

たくさん触られて真っ黒なおなか

f:id:guutaralin:20190523171033j:plain

指をさされてのこの笑顔。

別におかしいことなんかないけど

つられてこちらもニヤリと誘われます

 

 

布袋尊の後ろに小さな観音様

f:id:guutaralin:20190523200749j:image

とてもかわいらしいです
f:id:guutaralin:20190523200752j:image

 

 

ちょっと一息は「ミンカ」というとても雰囲気のあるお店へ

 

 

あのグリーンに包まれた窓辺の席に座りたい。

と思って入ったら…

f:id:guutaralin:20190523173002j:image

ラッキー空いてました

f:id:guutaralin:20190523171018j:plain


頼んだのはバナナジュースとピロシキ。

 

家でのバナナジュースは豆乳で

お店のバナナジュースはたいてい牛乳で作ってある

 

バナナジュースの味は想像つくけど

ピロシキってどんな味だっけ?と

いつもなら頼まないものをオーダー

 

小さいけど新しいことひとつ。取り入れる楽しさ


f:id:guutaralin:20190523172702j:image

 

濃い味付けをイメージしてたけど

想像よりはうす味でした

 

 

幸せと同じ「うす味」

 

たまにいちいちかみしめて味わってないと

うす味のおいしさって

ぼやけて気づけなくなる

 

 

家族が今日も無事に家に帰ってきてくれること

数百円の電車代で遠くの街まで行けること

雨風しのげる家があること

たっぷりの湯船に浸かれること

 

なにせ不幸は刺激が強いから。

うす味は隠れてしまいそうになる

 

小さなピロシキ。

ひと口目はうす味だと思ったけど

よく噛んで食べたらどんどんおいしくなった

f:id:guutaralin:20190523171009j:plain

 

リビングに小さなバラのパワー

 

バラ園で買った350円のバラ。

テレビボードの上にちょこん!と飾ってみる

f:id:guutaralin:20190521150121j:image

 

天気がどよよん。としていた日だって

目に入るたび部屋も心もパッと明るくなります

 

小さくてもパワーいっぱい

f:id:guutaralin:20190521154652j:image



バラ園でのお気に入りのバラたちを

少々見直していると

あらためて名前の可愛さに気づきました

 

 

◻️ローザ ベルモンテ
f:id:guutaralin:20190521140116j:image

 

◻️ゴールデン スマイルズ
f:id:guutaralin:20190521140113j:image

 

◻️薄化粧
f:id:guutaralin:20190521140101j:image

いつものチークを少し控えめにしようかなと思えるようなバラでした

 

◻️ブラン ピエール ド ロンサール
f:id:guutaralin:20190521140107j:image

色白の女性のほっぺのような色

「世界で最も愛されるバラ」なんだとか

花言葉は「愛を誓います」

プロポーズなんかにもぴったりのバラですね

 

◻️キャラメルアンティーク
f:id:guutaralin:20190521140109j:image

キャラメルアンティークという響き

甘いキャラメルの香りが漂ってきそうな雰囲気がありました

花言葉は「愛らしい」「新鮮」「満足」「不安を鎮める」「誇り」

 

◻️新雪
f:id:guutaralin:20190521140054j:image

混じりっけなしのまっ白!な色。

確かにオフホワイトではなかった。

新雪と名付けた人すごい。

花言葉は「純白」

 

◻️クイーン オブ スウェーデン

f:id:guutaralin:20190521141709j:image

キュートな色とシルエット。

フワフワのシフォン素材のようなバラでした

 

◻️ブルームーン

f:id:guutaralin:20190521134824j:plain

クラシカルな雰囲気のあるやさしいラベンダー色。

派手な色でなくても、ひときわ目を引く色でした

花言葉は「幸せの瞬間」

 

 

 

1つ気づいたことがありました。

 

 

私が好きなバラ達は、

「バラの殿堂入り」

に入っていないものばかり

 

 

私の感性は一般的とは違うのねと

良い意味に受け取らせてもらいましたよ

 

 

この中で殿堂入りは1つだけ。

「ピエールドロンサール」でした!

f:id:guutaralin:20190521144734j:plain

 

まだまだ好奇心を満たしたい

 

プラネタリウムに星を見に行った時のこと。

 

チケットを購入したら、受付の女性が

 

「今の時間ちょうど太陽とシリウスが見れますよ」

 

と教えてくれたので、さっそく見に行きました

 

f:id:guutaralin:20190518102743j:plain

展望室へ入ると。。

 

 

こんなかっこいいものが!

f:id:guutaralin:20190518102528j:plain

私は「空」に興味があって

 

さらに興味が増したのは

昨年、ふと窓に目をやった時

 

 

エメラルドグリーンのでっかい宝石のようにギラン!

と光る流れ星のように落ちる火球を見てから。

 

 

ほんとに一瞬の事だったけど

すごいインパクトでした

 

 

その時は「何いまの!?」

とポカンとしていたけど

後からじわじわと興奮が押し寄せました

 

 

星に詳しくなかった私が火球とわかったのは

ちょうど火球を見る数日前くらいに火球の記事を書かれていた

チャックさんの記事を見ていたからなんです。

satoue.hatenablog.com

 

望遠鏡をのぞいたら太陽と黒点が見れました 

 

太陽活動が活発な時に黒点は現れるんだそうです

f:id:guutaralin:20190518102755j:plain

次に見たのはシリウス。

 

これから夏にかけて天体望遠鏡で様々な天体を見ることができます

 

私が狙っているのは8月に見える

木星と土星

 

⬇︎こんな輪っかや模様も見えるのだそうです

f:id:guutaralin:20190521091213j:plain

www.nature-kawasaki.jp

 

その後プラネタリウムへ

 

つい最近ブラックホールの実際の映像が話題になりましたが

それが投影されるとのことで

楽しみに行きました

f:id:guutaralin:20190518102759j:plain

吸い込まれそうな映像に興奮!

 

その後に続く

 

星座の美しい映像

太陽が沈んでいく幻想的な雰囲気

 

張り切って首から下げた望遠鏡はちっとも使わず、心地よい空間に後半は眠りこけていました


f:id:guutaralin:20190518102749j:image

プラネタリウム投影中

ずっと解説してくれたお兄さん。

(天体の研究をされてる人)

 

 

「なんでも質問してください」

ということでしたので

プラネタリウムが終わったあと色々と質問してみました

 

子供の頃に戻ったかのように

のめり込んで聞いていました

 

 

子供の頃、好きな授業は時間があっという間に過ぎました

 

乾いたスポンジが水を吸い込むようにぐんぐん覚えていくのです

逆に苦手な授業の時間の長いこと。

努力したってなかなかできない。

 

苦手なことを頑張る時間を

好きなことを勉強する時間に費やした方がよほど効率が良い気がします 

 

最近人から教えてもらうことが多いです

 

www.guutaralin.work

 

たまに教えてもらう最中に

「〇〇ってあるじゃないですか。」

私が知っているであろう。

と前提に説明されます

 

「知りません。」

そう言ったって誰もバカになんてしません

 

みなさん力いっぱい教えてくれます

それが本当にありがたいです

 

 恥はかきすて。好奇心を満たしていきたい!

「きのう何食べた?」は心がほどけるドラマ。夫に観せたら良い効果があった。

 

あまりドラマを観ない私がすっかりハマって今、1番楽しみにしているドラマです

 

調理器具や、麦茶ポット。

 

何を使っているかを見るのも楽しい

  

ごはんを作るモチベーションを上げるために。

と思って手にした本でしたが、

ドラマ版はモチベーションどころか癒しまでもたらしてくれ、想像以上でした

 

www.guutaralin.work 

 ⬇︎シロさんが使っていたおろし金。多分これです

www.guutaralin.work

 

このドラマはパートナーとのあり方をもう一度考えさせてくれます

 

自分にできる範囲の気づいたことをお互いを思いやってやる。

 

2人の姿があったかいのです

 

「ありがとうね」

「うれしい」

「おいしいね」

「あー幸せ」

「楽しいね」

 

良い言葉って口に出しているうちに

自分もマインドコントロールされて気分が良くなっていくんですよね

 

  

深夜放送なので録画したものを週末夫婦で観ています

 

夫もはまってしまい、大笑いしながら観ています

わが家には夫に観せたことで1つ良い効果がありました

 

 

ドラマの中で、男性が楽しく料理を作っているシーンが毎度出てきます

 

たまにしか料理をしない夫が

「料理したくなるね。」

と言ってきたからです

 

 

ここぞとばかりに

 

「週末の夜ごはん、あれ食べたい。」

 

と言ってみましたよ

 

 

その流れで作ってくれました

この調子でバンバン楽しんでもらいたいです

 

f:id:guutaralin:20190521093403j:plain


 

「きのう何食べた?」

見るたびに心がほどけていくのです

楽園か。【生田緑地のバラ園が見頃でとてもきれいです】

 

生田緑地のバラ園に行きました

バラ園の入り口からバラ園まで歩いて10〜15分

 

バラ園正門からは循環バスも出ています

 

◽️歩いて汗をかいて熱中症対策

冬の間に汗をかかず閉じた毛穴たち。

なんとかひらいて汗を出してがんばってくれてます

 

今の時期、じんわり汗をかく習慣をつけて、体温調節じょうずな体を目指します

 

体力に自信のない方は一気にたくさん汗をかくと体が消耗してしまうので、入浴やウォーキングなどでじんわり汗をかく事をおススメします

 

ベタベタ汗がサラサラ汗になると

体温調節しやすい体になったサイン^^

 

 

着いた時に感じたのはふわーっとバラの香り
f:id:guutaralin:20190517185916j:image

 

生田緑地のバラ園には「バラの殿堂入り」を果たしたバラたちが勢揃い

これでもかと咲いています

f:id:guutaralin:20190517190319j:plain

 

 

◽️プリンセス モナコ
f:id:guutaralin:20190517185924j:image

◽️プリンセス ミチコ

f:id:guutaralin:20190517194346j:plain

(イギリスから上皇后美智子様に献呈された深いオレンジ色のバラ)

 

◽️クイーン オブ スウェーデン

f:id:guutaralin:20190517185830j:image

シャクヤクみたいでかわいくて印象的でした

◻️ピエール ド ロンサール

f:id:guutaralin:20190518060338j:image

グラデーションがとてもきれい 

 

  

かなり見頃ですが、すでに咲き終えそうな品種もあればこれから咲き始めているバラもあるといった感じでした

f:id:guutaralin:20190517190352j:plain

 

f:id:guutaralin:20190517225018j:image

芝生もとてもキレイで仮設テントも出ていたり、イスもたくさん。

バラに囲まれてごはんも食べれます

f:id:guutaralin:20190518064951j:image
f:id:guutaralin:20190518064954j:image

 

バラ園までの道のりは

緑がイキイキと芽吹いて

鳥もすぐそばで唄い

通る人達は足を止めて声の方へ目をやっていました

 

降りそそぐ木洩れ日はキラキラ

f:id:guutaralin:20190517224524j:image

 

向ヶ丘遊園駅から歩いた私は

「バラ園まだ?」と思いながらも

すぐに姿をあらわしてくれないバラ園もなかなかのもので

 

色の少なかった道程から、着いた時に目に飛び込んでくるカラフルさに

f:id:guutaralin:20190518061701j:plain

 「ここは楽園か。」と思わせてくれるワクワク感がありました

f:id:guutaralin:20190517190403j:plain

http://www.ikuta-rose.jp/

バラ園開催期間 令和元年5月7日(火)〜5月26日(日)

開演時間 平日10時〜16時30分 土日9時〜16時30分