ちょうどいい毎日

アラフォー夫婦の転勤族のいつでも引っ越せるシンプルな暮らしを目指して。やって良かったことや日常の心踊る事などを綴ります。

大人の隠れ家で読書に浸る

 

古いアパートをリノベーションしたまるで隠れ家みたいなお店

ちょっと足をのばすけど、たまに行きたくなる

 

f:id:guutaralin:20190609180530j:image

 

一階二階を吹き抜けにしてお店にしてあり、奥は居住空間になってる

f:id:guutaralin:20190609180606j:plain

お店▶︎https://tabelog.com/kanagawa/A1405/A140506/14034690/dtlrvwlst/

 

外コーヒーも楽しめて

f:id:guutaralin:20190610163147j:plain

 

1階ではケーキのパティシエさんが甘さ控えめの手づくりケーキを作っている

オススメはリコッタチーズケーキ

この日はゴマのシフォンケーキを作ってらした

 

「厨房」というよりは「台所」な雰囲気かな

f:id:guutaralin:20190609180541j:plain

個人的にとても好きな雰囲気!


 

2階に上がると広々していて

至る所に落ち着く空間が点在する

f:id:guutaralin:20190610202301j:image


生花がいつも飾ってあるのが気持ちいい

レトロな空間にドライも可愛いけど私はやっぱり生花が好きだ

f:id:guutaralin:20190609180554j:plain

 

ここに来るお目当の1つはゆったり空間だけじゃなくてたくさんの本

f:id:guutaralin:20190610163444j:plain

ソファーはカリモクで長居しても疲れない 


あらゆる種類の本が置いてあり

ジャンルがバラバラでいったい誰の趣味だろう?

 

店員さんに尋ねたところ

 

日本映画大学の教授個人の本が寄贈されてるんだとか。


まだまだご自宅には本があふれていて、お店にも置ききれないほどなんだそう


手に取ったのは俵万智さんの「サラダ記念日」


過去に読んだ時とはまったく別ものみたいに感じた

 

感じ方が変わっている

年を重ねるのって悪くないなと思う瞬間だった
f:id:guutaralin:20190609180508j:image

ピザが焼ける間に本を読んで待つ楽しみは格別

 

手作りのあったかいピザの味。

おいしくってペロリと平らげる  

f:id:guutaralin:20190610163447j:plain

 

お会計時には白いメレンゲのお菓子をもらった

f:id:guutaralin:20190610174539j:image

毎度思うことは、店員さん達みなさんから

あったかい雰囲気を感じること

 

お金を支払う時、すごく気持ちよく払えるんです

  

読売ランド駅から徒歩2分ほど

駐車場は2台くらい

雨の日でもおだやかとのーんびりが叶う、隠れ家みたいなお店でした