ちょうどいい毎日

アラフォー夫婦の転勤族のいつでも引っ越せるシンプルな暮らしを目指して。やって良かったことや日常の心踊る事などを綴ります。

ご機嫌スイッチのままご飯を食べる

 

ご機嫌スイッチをオンにしたままご飯を食べるように心がけています

 

先日夫と食事に出かけた時のこと

 

 

夫が頼んだビールを運んできてくれた店員さん

その男性の店員さん

お店も忙しくてイライラ。

いっぱいいっぱいの様子でした

 

 

年末忙しそうなお店にいくつか行きましたが

接客してくれた方達は

ご機嫌スイッチオンの人ばかりだったので

こちらも自然とニコニコ

 

お久しぶりの不機嫌さん

 

 

夫の目の前にドスンとビールが波打つようにすごい勢いで置いていきました

ありゃっと思いました。

 

 

2杯目のビールもドスン!となった時

 

 

いつもは穏やかな夫の不機嫌スイッチが

オンになりかけた感がわかりました

 

そこですかさず私

 

あの人も、きっときついんだよ

そんなことでこっちが不機嫌になったら

あ〜〜もったいないもったいない!

わはは。それよりこれ美味しい〜っと

前菜をモリモリ食べながら

私はご機嫌スイッチを保ちました

 

 

誰かの不機嫌に振り回されるのは

本当にもったいないのです

 

 

私も最初、え!と一瞬思いましたが

私まで夫と一緒になって不機嫌スイッチをオンにしたら不機嫌の感染力は強いので

夫婦2人の間でそれは

ますます勢いを増します

 

 

私のご機嫌スイッチをそのままにして、

夫にもブレそうになった不機嫌スイッチを元に戻してもらう

 

 

その後出てきたご飯を

美味しく食べることができました

 

 

怒りを抱えながらご飯を食べたり

不安を抱えながら食べるご飯は

とてもとても消化に悪いです

 

 

イライラや不安や焦りは血流が悪くなるので

ご飯を食べた後、

消化に対して胃も腸も頑張れないのです

 

 

子供がご飯を食べている時だけは

絶対にお説教はなし。

とも推奨されているようですね

 

 

ご飯はリラックスして

おいしく、楽しく食べたいですね

 

 

ご機嫌スイッチのまま

リラックスして食べるご飯は

とても消化に良いことをいつも実感しています

 

 

f:id:guutaralin:20190106092904j:plain

誰かの不機嫌にはさっさとバリアを張って

一杯のおいしいお茶でも飲んで

自分だけでも優雅〜な気分に切り替えて。

 

不機嫌よりも

どうせならリラックスを感染させていきたいです