ちょうどいい毎日

アラフォー夫婦の転勤族のいつでも引っ越せるシンプルな暮らしを目指して。やって良かったことや日常の心踊る事などを綴ります。

しんぷるライフ  私がシンプルにしたこと

 

引越しをラクにしようと始めたシンプル暮らし

 

体調を崩しどうにもこうにもだった時

暮らしを簡素化したいと始めたシンプル暮らし

 

シンプルライフを進めると同時に

自分の頭の中までどんどん整理され

あれよあれよと

想像していた以上の

自分の望む気持ちいい暮らしに近づきました

 

 

転勤族の夫をもつ私が

シンプルにしたことを振り返ってみました

 

 

●〇〇用みたいな用途がしぼられる家電製品を買わない

 

結婚当初は最新家電であればあるほど良い!

みたいな無知のクセに偏った考えがありました

 

必要と感じてもすぐには購入せず

代用できるモノをまず家の中で探すように

(家電にあまり興味がないこともあります)

 

 

●ベースの飲みものをお白湯と常温の水に統一

f:id:guutaralin:20190104101058j:image

冬場はサーモスの卓上ポットに

お白湯を入れて常飲してます

ご飯のお供も基本的にはこちら

お白湯は内臓から体をあたためてくれます

病気にならない「白湯」健康法 1日3杯飲むだけで、免疫力が一気に高まる! (PHP文庫)

病気にならない「白湯」健康法 1日3杯飲むだけで、免疫力が一気に高まる! (PHP文庫)

 

 

 

●なんでもかんでも詰め替えない

【オシャレに詰め替えて整然と並べる】

以前は憧れましたが、

転勤族のわが家では

 

引っ越し先の収納がコロコロ変わるため、

ピシッと収納に合わせて揃え過ぎても

次の引っ越し先では合わないという事も

 

定番で頻繁に使うモノのみ

●便利さと使いやすさ

●目に入る気持ち良さ

の兼ね合いを考えて詰め替えています

 

www.guutaralin.work

 

 

 

 

●キッチンマットやトイレマットをなくす

 

キッチンマットをまず掃除機で吸ってから

洗濯機に入れてあらう。

この手間がプチストレスでした

 

今では気づいたときに、さっと床を拭く

キッチンの床は水をはじく防水っぽい床なので助かっています

キッチンペーパーなどでちょこちょこ拭き

 

トイレの床も、同じように。

トイレの床を拭く時は柑橘系などサッパリな香りのものを選ぶと、

ふき掃除のハードルが下がりました

f:id:guutaralin:20190104114313j:image

 

 

●フタというフタをはずして

いつでもちょこっと掃除をしやすいように

 

まずはお風呂

来客の時以外は

この↓フタを取っていつも見える化にしてます

f:id:guutaralin:20190104123416j:image

 毎回お風呂を上がる時に

からまった髪などもさっとってポイっ

 

 

キッチン

元々付いていた黒いゴムのフタを外して

f:id:guutaralin:20190104123629j:image

↓常にこんな状態に

f:id:guutaralin:20190104181313j:image

 

 

引っ越してきたばかりの時は深い受け皿のみだったので、生ゴミを捨てるのが大変でした↓

f:id:guutaralin:20190104123719j:image

 

金物屋さんで排水口の大きさに合う

小さな浅い受け皿を購入して

ちょこちょこ捨てています
f:id:guutaralin:20190104123722j:image

銅製の受け皿はぬめりにくいそうなのですが

引っ越し先で排水口の大きさも変わりそうなので200円くらいのものを採用

f:id:guutaralin:20190104123716j:image

 

 

 

●目の前の損得

お買い得!に釣られない。

 

これだけセットになって

通常〇〇円がお買い得の〇〇円!

みたいなモノを見つけても

必要ないものが入っている場合は買わない

 

割引率の高いお得なモノがたくさんセット売りされているモノより、割引きがなくても

本当に欲しいモノを必要分だけ購入する事の方が私にとっては価値のあること。

になりました

過去の失敗は貴重な経験

お買い物もずいぶんシンプルに

 

 

●ヘタな見栄やプライドは捨てる

持っていたら、人から褒められそうだから…

と何となく持っていたモノを

いやいやあなたはこれが好きなの?と

自分の心に聞いてみました

 

www.guutaralin.work

 

 ●外カフェの削減

甘いものが体に合わないとわかった頃から

食事の後には、外カフェでしょっちゅう食べていたスイーツを

たまのご褒美に

 

www.guutaralin.work

 

 

私のシンプルライフは

モノをいかに減らすかと言うよりも

自分の気持ちいいところ。

が終着点になってるようです

 

 

今日のおうちカフェ

f:id:guutaralin:20190104195009j:image

夫が大みそかに谷中銀座で見つけて

興奮して2袋も買っていた

栗らくがん。

昔、お正月にお寺詣りをした時に

お茶と一緒に出てきて

ふわっと消えていくやさしいおいしさに感動したそう

 

私は口の中の水分とられそう…

と拒否していたけど

 

1つもらって食べてみると。あれ〜美味しい〜

 

口の中の水分をとられるどころかやさしみにあふれる味。

 

えんどうと、グラニュー糖、栗というシンプルな原材料

 

ネットで探したらアマゾンにあったけど

量が多いです

 

小布施栗菓製造 栗らくがん 16枚×12袋

小布施栗菓製造 栗らくがん 16枚×12袋

 

 

 お正月にぴったりなお茶菓子でした