ちょうどいい毎日

アラフォーの転勤族いつでも引っ越せるシンプルでラクな暮らし。健康。心のケア。日々の楽しみ。大好きなインテリアなどを綴ります

人のせいにしないのは自分のため

 

先日剣道の練習から帰って来た夫が

 

「自分が負けたときに、審判のせいにする人が多いんだよな〜」

とポツリと言っていました

 

試合の後に

あの審判が〇〇だったから 負けた

あの審判じゃなかったら…

という話が試合後にちょこちょこ出ていたそう

 

 

そんな風に言っている本人達は1番苦しいんじゃないのかな?と思いました

 

 

先日M-1グランプリで、ある芸人さんが

審査員の上沼恵美子さんに対して失礼なことを言った事が話題になっていました

 

 

上沼さんに対して

芸人の好き嫌いで審査するな

とか

更年期だからどうだとか

 

 

その報道がされた後にそんな風に言った芸人さん達に対して

上沼さんがコメントしていた言葉

 

酒を飲んでくだをまくのはよくあること

だからね、天下をとったらいいんですよ。

頑張って日本一の漫才師になってほしいですね

 

とてもステキなコメントだと思いました

 

 

うまくいかないのは誰かのせい

何かのせい

そう思っていると苦しいのはいつも自分

 

 

自分以外のところに原因があると思っている時

いつも心が怒りや不満を持ち続けることになってしまいます

 

 

心に怒りを抱えているとダメージをうけるのは誰でもない自分自身

 

 

恥ずかしながら…

過去に私も何度か経験していて

 

 

誰かのせいや何かのせいにしている間

一歩でさえも前へ進めていませんでした

 

本当に無駄な意味のない時間が

ただただ流れていくのです

 

 

人のせいにしている間、自分の改善できる点さえ

気づかなくなってしまう程盲目になったり

 

怒りで消耗して、自分の進みたい道すら見失いそうになったり

 

 

外に不満を抱くことに自分の大切な時間を使い

自分の大切なエネルギーさえ明け渡す

 

自分の成長のためにエネルギーを使えないのは

本当にもったいない時間。

 

 

皆に同じように与えられた大切な時間

無駄にしないように大事に過ごしていきたい

 

f:id:guutaralin:20181214211145j:image

冬の散歩道。

 

黄金色の道を選んで歩いていくのです