ちょうどいい毎日

30代転勤族夫婦2人のシンプルな暮らし

進んで恥をかいてみる

 

断捨離を経験して

病気を乗り越えて

ブログを始めて

 

ある時から

私は本来の自分に戻りたがっているんだと気づきました

 

歳を重ねるにつれ

 

こうしたいより

こうあるべき

 

で過ごすようになっていた自分に気づいたからかもしれません

 

 

世間的に言う幸せの価値観

知らず知らずに縛られていたのかもしれません

 

 

何かをやろうとする時も

 

やりたいんだけど自分には無理かも

やりたいんだけど今さら恥ずかしい

とか言い訳している自分にも気づきました

 

 

www.guutaralin.work

 

 

私がおばあちゃんになってから

自分の人生を振り返って思い出して

人に話すエピソードってなんだろう

 

●あの時こんな挑戦をしたけど失敗したなあ

●あの時あんなバカなことをしたなあ

●あの時あんなことをしてめちゃくちゃ恥をかいたなあ

 

私はそんなことが最初に思い出されるんじゃないのかなあと思いました

 

 

もし何かに失敗したとしても
挑戦すらしなかった
苦々しい後悔の気持ちはわいてこないんだろうなぁと

ここ最近目まぐるしく自分の中に変化があることを感じます

 

 

自分を振り返るきっかけを作ってくれた姪っ子

 

私は歌って踊ることが大好きでした

それを最初に思い出させてくれたのは

私より4つ年下の妹の4歳の子供

私の姪っ子ちゃんだったと思います

 

その子は私の小さな頃に何となく似ています

私の小さな時はおもちゃのマイクを持って歌っている写真ばかり

母いわく表現することが好きだった子

自分でも気持ちよかったことを覚えています

 

 

妹とはタイプが違い

妹は、姉の私をうるさいと思っていたようです 笑

姪っ子もいつもいつも歌っては踊っています

 

 

福岡に帰省した時

姪っ子と妹と3人で

1時間だけカラオケに行きました

3歳にしてすばらしい音程力とリズム感

(オババカでしょうか)

大きなマイクを両手で抱えて歌っている時の

キラキラした最高に楽しそうな笑顔と

大きな声に思いきり魅了されました

 

おばさんのくせになぜか涙が出そうでした

そして私も楽しくてめちゃくちゃ心が踊りました

私が歌う曲も一緒に口ずさんでくれました

 

 

子供ってパワーが溢れていますね

目の前一瞬一瞬を

精一杯楽しんで

たまにまぶしすぎて目がチカチカします

 

 

私はいつから歌って踊ることをやめたんだろう

姪っ子の心から楽しんでいる様子を見てふと思いました

 

 

この先も恥をかいてもいいから

自分のやりたいことにはチャレンジして

つまらない言い訳はやめて

人生を味わい尽くしたい

 

 

姪っ子のように

歌って踊って笑って楽しく生きようと思ったものです

 

 

ところでこの前さっそく恥?をかきました

10年近くぶりに車の運転を再開しました

うちのマンションの駐車場は立体駐車場で

なんだか駐車がすごく難しいのです

(ちょっと立体駐車場のせいにしてしまいました)

 

大きなタイヤにギリギリの幅の駐車スペース

とっても苦戦しております

駐車に長く苦戦しすぎて、次の車が入ってきて…

それでも停められない(T_T)

 

駐車場内は狭いので

皆さんをだいぶお待たせしてしまいました

ごめんなさい〜

 

 

それでもやるぞ〜

私の挑戦は続くのでした

 

 

バルコニーのお花が最近次々花開きました

最初はすべて全部グリーンだったので楽しいです

 

f:id:guutaralin:20181114093016j:image

 

タネ蒔きしたのは全部失敗!

f:id:guutaralin:20181114093007j:image

 

夏前からのペンタスも葉っぱは紅葉しながらも

次々と花開いてきました(^。^)

 

f:id:guutaralin:20181114093058j:image