ちょうどいい毎日

30代転勤族夫婦2人のシンプルな暮らし

人からどう思われるかを気にしているうちに

 

人からどう思われるのだろう

 

以前はこんなムダな時間を費やすことがちょくちょくあったと思います

 

先日妹との電話の中でこんな話を聞きました

 

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

2人のお子さんがいる妹の友人M子さん

1番手のかかる時期も過ぎてご自分が外に働きに出るかどうかでずっと悩んでいるよう

 

義理のお母さんとお姉さん2人に、子供もだいぶ手を離れたのに働かないのはおかしいと思われるのではないかということで悩んでいるそうです

 

なんとなく見えないプレッシャーがあるんだそう

 

経済的にはM子さんが働かないといけないわけではないようです

旦那様に 私働いた方が良い?

と聞いても別にどっちでも良いと言われ益々悩んでいるよう

 

義理のお姉さん2人は小さいお子さんがいるのに働いているので、自分も働いた方が…

と気に病んでいる様子

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

自分の気持ちはさて置いて、人の基準や世間体で生きてしまう

これはこわいことではないのかなと思います

 

 

もし自分の本当の気持ちを曲げて人の基準で選択してうまくいかなかった時

 

自分で選んだ道だから後悔なし!と言えるなら良いんだと思うのですが

なんとなくその人のせいにしてしまわないでしょうか?

人は自分の人生の責任まではとってくれません

 

 

なんでも自分の責任で生きる方が楽だと思います

 

 

そもそも 人の気持ちなんて常に変わりゆくものだと思いませんか?

少なくとも自分がそうなんです

 

1週間前の自分の気持ち

 

昨日の気持ちと今日の気持ちさえ、まったく同じではなく、なにかしら違いを感じます

 

ましてや、1年前の自分との考え方を比較したって全然違う

 

移ろいやすい人の心にいちいち振り回される時間というのはすごくもったいない

 

私も人の目を気にするようなところはありました

 

電車でお子さんを抱っこした人などに席を譲る時、偽善者って思われたかな?

とかすごく下らない事が頭をよぎったり

 

ほんとにどうでもいい事だと今は、思います

 

人にどう思われるかで、自分が直感的にこうしたい、これをやりたいと思う事を我慢したら

その後、苦々しい後悔の気持ちを味わうのは他の誰でもない自分

 

比較するのも他人ではなく自分でいたい

 

あの人に比べて私は…ではなくて

昨日の私より今日の私はちょっとマシだよね?

 

そう思いながらすがすがしく生きていきたい

 

人からどう思われているかを気にして

自分のやりたいこともできず人生終わってしまったな〜

なんてことにならないように

 

自分がやりたいと思うこと

自分がこれだと思うこと

人に自分の人生の決定権をあけ渡すことなく

自分の責任で自分の人生を生きたい

 

私がお手本にしたいなと思う人は釣りバカのハマちゃん(^。^)

自分のペースで楽に生きて

自分のワクワクと好きに従って楽しくいきている人

きっと彼はこの世を去る時、後悔のの字さえ浮かばないんだろうな〜

 

 

またまたワンプレート

f:id:guutaralin:20180802115543j:plain

 

最近妙にお家の整理をもっとしたい気分

自宅に早く戻ろう