ちょうどいい毎日

30代転勤族夫婦2人のシンプルな暮らし

シンプルライフ すっきりな部屋は心までも休ませる

昨日はなぜだかなーんにもしたくなくて

(気圧の影響かな?)

ご飯も作りたくなければ掃除もしたくない

トイレに行くのも誰かについでにお願いしたいくらい 笑

 

そんな時はそのまんまの自分にOKを出します

 

以前の私は

仕事がお休みの日で何もしたくない時

ダラダラしては罪悪感

 

心も体もすっきりしない時間の使い方をしていました

だるいんだから良いじゃない

何も考えず思いきり休もう

今ではそう思えるのですが

上手な自分の休ませ方を知らなかった

 

ダラダラしている最中もスマホを見ては色んな情報を入れてはぐるぐる

頭は休める事ができていなかった

 

こんなんじゃだめだよね

〇〇くらいはしておかなきゃ

 

気づかないところで小さなダメ出しも心の中でしていたんだと思います

 

小さな自分へのダメ出しのせいなのか 

心はすっきりせずモヤモヤ

だらだらして過ごしたくせに不思議と疲れもとれません

体は休めても頭と心を休ませていない感じ

 

 

どうも頑張って乗り切れないと感じる時

今はとことん自分に優しくしようと割り切ってしまいます

 

 

とことん休む

罪悪感なんて感じる必要なし

そうするとすごく気持ちも楽で、次の日にはちゃんと回復しているんです

翌日にはよーし、今日はバランスの良い食事を作ろうとしっかり気持ちを切り替えれたりたまった洗い物を片す元気も湧いていたり

 

 

加えてモノを多く持たないシンプルな暮らしに切り替えてから、ごちゃごちゃした部屋が目に入ってきて視覚にストレスを感じる事もなくなりました

これ、自分が思っていたよりすごく大きな効果を感じています

 

 

以前は体調のすぐれない時、ごちゃごちゃした部屋が目に入って益々イライラして回復も遅れるようなそんな感覚がありました

その当時は麻痺していて部屋のモノの多さのせいだと気づいていません

 

 

小学校の頃、熱を出していて学校を休んだ時、

母が仕事の時だけたまに祖母の家に預けられました

家で休んでいる時より祖母の家で休んでいた方が回復が早い事を私はいつからか気づいていました

 

祖母の家のある一部屋

何もモノがない畳の部屋にポツンと布団が敷かれた部屋に寝かされました

 

そこに横になった時なんとも言えない頭のスッキリ感を感じたのを覚えています

 

視界スッキリ

風邪の時はテレビなども見ずに、目を使わない方が回復が早いと言いますが、まさに目と頭が疲れない

そんな感じです

小学生の頃の私のお部屋はすごく散らかっていました

たまに母と自分の机の上を片付けるとすごく勉強のやる気も湧いたのを覚えています

 

 

 

視覚が人に与える影響は思っているより大きいという事

をすごく感じます

 

部屋を綺麗にスッキリしておくことは、ちょっとピンチな時の自分にもすごく役立ってくれています

モノを少なく部屋を綺麗に保ってからは、ちょっとピンチなときでさえ、気持ちが落ちている時でさえ、色んなことが良い循環に進んでいます

 

ごちゃごちゃした感じが目に入る

思っているよりストレスになっていたんだと思います

 

今は気持ちの回復までも早くなりました

 

夫もいつも自宅に帰ってくると

あ〜この家はほっとする、落ち着く、スッキリして本当に気持ちいいといつも言ってくれます

 

シンプルライフを始める前には全く聞くことがなかった言葉たち

 

 

 

何もしたくない時はお弁当の力だって借りまくりです

そんな日の誰かのご飯は本当にありがたいです

f:id:guutaralin:20180705112234j:plain

 

 

リゾート気分に浸って何も考えないですむようなゆるいDVDを観ました

しかしそれさえも最後まで観ませんでした 笑

 

f:id:guutaralin:20180705125004j:plain

プールに浮かんでゆらゆらしたい(^。^)

 

 

 

おばあちゃんの家のようなカフェ

最近すごく好きです

 f:id:guutaralin:20180705122914j:plain

f:id:guutaralin:20180705122453j:plain

f:id:guutaralin:20180705122818j:plain

みなさんはどんな空間がお好きですか?

 

自分の居心地の良い空間とはどんなものなのか見つけること

そしてそこに身をおいてみること

大事にしながら楽しんでいます