ちょうどいい毎日

30代転勤族夫婦2人のシンプルな暮らし

生き抜く知恵の見直し

魚柄さんの本を読んでいて、ゆっくり災害時の事を考えたりしてました。

 

トイレが使えなくなったら

 

こちらは簡易トイレの作り方。

 

f:id:guutaralin:20180407164236j:image

 

震災の事はいつも忘れないようにしています。

 

お写真には載せていませんが、緊急時の避難所になり得る自宅から近い場所なんかも貼っています。

 

どれも市報からの切り抜きです。

 

細々した物入れの壁面を利用して、役立つなと思った切り抜きなどを、マスキングテープで貼っています。

 

急を要するモノや、さっと見つけたい内容のモノです。

 

冬の時期にはノロウイルスの対処法を。

 

市報などから見つけたお役立ちメモをぺたりと。

 

f:id:guutaralin:20180407164248j:image

 

(雑多な感じですいません。

左上にぶら下げているのはゴムや、シュシュ類です。

こちらにぶら下げるようになってから、よく無くしていたゴム類、一本も無くす事がなくなりました。)

 

以前はよく無くしては買い直していたので、お金を無駄に使っていました。

 

 

 

話はそれましたが、

 

いざと言う時。

 

もちろん、切り抜きをクリアファイルなどファイルすると良いかと思いますが、

 

ファイルの中から見つけるより早く知りたい情報のものを貼ってます。

 

その時はネットで調べれば…

 

なんて声も聞こえてきそうですが、

 

ネットの情報量は溢れすぎていて、どっちを信じて良いのやら…

 

なんて、時間がかかってしまいそうなので、シンプルに簡潔なものを指針とするように。

 

 

右の青い紙の

 

ノロウイルスにかかった時の対処法は、冬の時期が終わるとファイルに入れて、別の情報に入れ替えようかなぁなんて思っていますが、まぁとりあえずそのままです^^;

 

夏が近づくと、夏に気をつけるコトに貼りかえるつもりです。(市報をチェック)

 

 

以前ノロウイルスに感染した時に夫婦共々感染してひどい目に合ったので。

感染力は強いと言われてますよね〜(・・;)

 

その時は普通の消毒では除菌できないコトを知りませんでした。

 

夫婦2人で倒れると、家事も何もまわらなくなるので、家の中もとんでもない事になります。

 

実家は遠方ですので、助けてくれる人もいませんので、以後、気をつけてます。

 

災害や病気、

どれも予想外に起きる事がほとんどですよね。

 

病気はあらかじめ予防出来るものの、

 

災害は自然のコト。

 

待ったなしです。

 

無駄に恐れてため込む必要はないとは思いますが、最低限のモノだけは確保。

 

f:id:guutaralin:20180407172555j:image 

5年保管できる水

 

冷静に対処できるように、

自分を守る術、家族を守る術、人に聞かれた時に役立てる知恵。

 

時折見直していたいです。