ちょうどいい毎日

30代転勤族夫婦2人のシンプルな暮らし

老化予防の為にやめていること

先日、はるばる他県の友人が遊びにきてくれました。

 

私の好きな塩豆大福を買ってきてくれました。

 

f:id:guutaralin:20180405074502j:image

 

f:id:guutaralin:20180405074644j:image

マリアージュフレールのジャムまで(*゚∀゚*)

 

朝、ふすまパンと共に美味しく頂きました。

お料理にも使ってみようかなぁ

 

無調整の豆乳に砂糖がわりに入れてミルクティー風にしてみようかなぁ

 

この友人とは、久しぶりに会ってもなぜか久しぶりな感じがしない。

 

何気なくさわやかな言葉をいつも使ってる。

 

日常のささやかな出来事も楽しそうに話してくれて、こっちまで色んなことが楽しく思えてくる。

 

話していると、こっちまで気持ちのいい気分になれる。

私にとって、嬉しい存在です。

 

この友人と、老化予防の為に、しないでおこうね〜なんてコトを、2人で決めてあります。

 

人の悪口です。

 

ちょっとしたグチみたいなモノをさらっと言って、笑って

 

あー、スッキリした!

 

みたいな感じのことはありますが、

陰口、悪口、をダラダラ言うことは絶対にありません。

 

悪口を言ってスッキリ!

 

 

しそうに感じますが、脳科学的にも、

言っている本人に、ストレスホルモンが出ていることがわかっています。

 

 

自分の口から、またストレスを作っちゃってる。

自分にダメージを与えている。

と言うわけです。

 

以前バイト先の休憩室で、

口を開けば人の悪口を言っている2つ年上の女性がいました。

 

 

私の友人に、人相を見ることのできる友人がいるのですが(趣味で)、私の送別会の時の写真を見せていた時のコト。

 

「この人の口、悪口を言う口しているね、曲がっちゃってる。」

 

と、言った時にびっくりしました。

 

その友人が言うには、卑屈な顔をしているそうです。(個人的にはその人には何も嫌な思い出はないのですが、例に出してしまい、先輩ごめんなさい^^;)

 

趣味で人相を見る事の出来る友人には、職場の人の事などを話したりした事はなかったので、驚きました。

 

えっ、人相にまで影響するなんて怖い(゚ω゚)

 

若いうちはあまりわからないそうですが、年齢を重ねると、人相に心が現れるそうなんです。

 

その頃くらいから、自分の為にも、周りの人の為でも、人の悪口は言わないっ!と決めました。

 

周りにも毒を撒き散らかさない。

 

結局は、自分の為です。

 

頑張って甘いものを少しだけに減らしたり、洗顔の仕方を気をつけてやったり、

なるべく早めに就寝するようにしたり、

 

など色々気をつけていても、そ〜んな悪口(嫌いな人、嫌なことを改めて思い出す行為ですよね)なんかで普段の努力が消えてしまったら、本当にショックです。

 

素敵に歳を重ねたい、人相良く、若々しくいる為に、やめていることでした( ^ω^ )