ちょうどいい毎日

30代転勤族夫婦2人のシンプルな暮らし

ひらきなおりの効能

f:id:guutaralin:20180318143344j:image

 

この冬からずっと、R1のヨーグルト、グレープフルーツ味にはまっています。

 

とても美味しいので、続けてみているのですが、風邪を引くこともなく、お腹の調子は良好のようです( ´∀`)

 

 

今回ご紹介する「開き直り」は、明らかに自分が悪い事をしたのに、

 

「そうです、全部私が悪うございました、だから何ですか?」

 

と言うようなひらきなおりの類のお話ではないんです。

 

究極に行き詰った時、

心がくさくさして、どうしようもない時、

など、一度や二度は経験があるのではないでしょうか?

 

私はピンチの時には、言葉のチカラを借りたり、のらりくらりと乗り越えているのですが、前向きな言葉も何も聞きたくなーーい!

 

入ってこなーーい!

 

のようなとき。

 

ひらきなおりを利用してました。

 

そんなにも悲しみ、打ちひしがれている自分を面白がって笑ってみるんです。

 

辛いことがある

泣いている自分ってかわいそう

なぜ私だけ。。

 

心の中で、自分を攻め立てるような言葉をつぶやいたりして、どんどん自分で苦しんでいるんですよね(⌒-⌒; )

 

そんな風に悲劇のヒロインになってしまっている自分を、ちょっとだけで良いので、

離れたところから見てみるんです。

 

(もちろん泣くことはストレス解消に最高ですよね、

感情を揺さぶられ、泣くことで副交感神経を高まり、泣いた後はグーーんとリラックス効果が高まるそうです。

 

泣いた後に何だかスッキリした感覚になったり、お腹が空いたりするのもそのせいだそうです。

 

泣けずに自分を抑え込んで、自分を責め続けたり。

泣いても泣いても気持ちが切り替えられない。

今がこんなにこんなにきつくて、もう笑えることなんてないのかも。

 

そんな時に!

 

(そーーんなにも嘆き悲しみ、ふさぎこんでいる自分を笑ってみるんです)

 

 

泣いている自分を他人が見ている感じで。

ここポイントです 笑

 

きつい時こそ笑う、それってなかなかできる事ではないです。

けど、作り笑いでも脳はだまされるんです。

自分で脳をだましてしまえ!

 

 

「もうこりゃあ、ここまで泣いて疲れたでしょ私、

それだけ泣いて目も腫れて、顔もこれまたぶっさいくだよ〜

プププ(^○^)」

 

自虐ネタを取り入れつつ( ・∇・)

人に言われるとむかっときてしまいそうですが、自分で言っちゃいます。

 

心の中でも、声に出してもオススメです。

 

その時は悲劇のヒロインの世界で一番かわいそうな私の世界に入り込んでしまっているので、そんな風に言いながら、その暗い世界から、そそくさと退散するんです。

 

もう、やーーめた!!

 

なんだかバカらしくなってくるんですよね。

 

長くその暗い世界にいると、苦しみと悲しみに飲み込まれて、どうにもその世界から抜け出るのが大変になるんです。

 

これをやったところで、その時の辛い現状が変わるわけではないんですが、自分が暗闇にいる時間を短くして、自分へのダメージを少し緩和してくれる効果がありました。

 

最近は、ピンチにも強くなり、このような手法を使うことが私自身無くなっていますが、悲劇のヒロインに長く居座ってしまいそうなとき。。

 

この方法が私にはひとつやってみて良かったと思えることでした。

 

自分に対するこんな ひらきなおり

 

合っても良いんじゃないかなと思い、載せました( ´∀`)